偉人たちが残したネガティブな名言 まとめ

その他

偉人たちが残した意味深でどこか闇を感じる名言をご紹介!

夏目漱石(小説家)

呑気(のんき)と見える人々も、心の底を叩いてみると、どこか悲しい音がする。

マーク・トウェイン(アメリカの作家)

幾千人もの天才が、才能を見いだされぬまま死んでゆく。自分を知らず、人にも認められず。

太宰府(小説家)

大人とは、裏切られた青年の姿である。

トーマス・フラー(イギリスの聖職者)

私たちは泣きながら生まれ、不平を言いながら生き、落胆のうち死ぬ。

フリードリヒ・ニーチェ(ドイツの哲学者)

笑いとは、地球上で一番苦しんでいる動物が発明したものである。

ラ・ロシュフーコー(フランスの文学者)

我々は、幸福になるためよりも、幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである。

シャルル・ボードレール(フランスの詩人)

人生とは病院のようなものだ。そこにいる患者はみな、自分のベッドの位置を変えたい欲望に取り憑かれている。

シャルル・ド・モンテスキュー(フランスの哲学者)

1)人間は死を嘆くのではなく、誕生を嘆くべきだろう。

2)友情とは、小さな親切をしてやり、お返しに大きな親切を受け取ろうとして結ぶ契約である。

オスカー・ワイルド(アイルランド出身の詩人)

1)野望とは、失敗した者の最後の逃げ場所である。

2)噂されるより悪いことがひとつだけある。それは話題にもされないことだ。

3)人が私に同意するときはいつでも自分が間違っているような気がしてならない

ウィリアム・シェイクスピア(劇作家)

1)悲しみが来るときは、単騎ではやってこない。必ず軍団で押し寄せる。

2)さらに良くしようとして良いものを駄目にしてしまうことが多い

アルボムッレ・スマナサーラ(スリランカの僧侶)

人間関係はなぜこれほど難しいのか。それは、人間にはもともと社会性がないからです。

ヴォルテール(フランスの哲学者)

人間は言うことが無くなると、必ず悪口を言う。

マリー・フォン・エーブナー=エッシェンバッハ(オーストリアの作家)

われわれは他人が幸福でないことを当たり前だと考え、自分自身が幸福でないことには、いつも納得がいかない。

ナポレオン(フランス皇帝)

1)人間を動かす二つのテコは恐怖と利益である

2)約束を守る最上の方法は決して約束しないことだ

ゲーテ(ドイツの詩人)

誰ひとり知るものもいない人混みの中をかき分けていくときほど孤独を感ずることはない

芥川龍之介(小説家)

人生は地獄よりも地獄的である。

ゴーリキー(作家)

人生なんてじつに単純なものだ。全ての人間をかみ殺すか、自分が泥の中によこたわるかのどちらかだ。

アリストテレス(哲学者)

人生なんてものは宴の席と同じで、適当にのどを潤したら、飲み過ぎもしないうちに立ち去るのが一番よろしい。

ジョン・ラスキン(イギリスの美術評論家)

人生は短い。この書物を読めば、あの書物は読めなくなる。

旧約聖書

あなたは塵だから、塵にかえる。